“目的を徹底的に追及する”
プランニング

そのタッチパネル端末、デジタルサイネージは目的にあったデザインになっていますか?
適切な画面のサイズ、角度、高さはどうなるのか?
一番見せたいものと一番タッチさせたいもの、それぞれどこに配置するのか?そして画面遷移はどうあるべきか?
タッチパネルプラスでは、あなたの端末で達成させたいことを徹底的に追及するプランニングを行います。


プランニングフロー

プランニングフロー

まずはお客様のシステムの目的、つまりタッチパネル端末、デジタルサイネージで何を達成しようとしているのか、そのビジネスプランをしっかりお伺いさせていただきます。

また、タッチパネル端末、デジタルサイネージを利用するターゲットユーザーの特性(年齢、性別、職業など)や、利用環境(運用係員の有無、空間サイズ、人目の有無など)、 タッチパネル端末、デジタルサイネージでユーザーに実施させる操作内容(その複雑さや操作時間など)、プロジェクトのスケジュールおよびご予算をお聞かせください。
それらの情報をもとに、タッチパネル端末、デジタルサイネージの構成機器のご提案やソフトウェア・筐体デザインのご提案、その他パソコンキッティングや現場セッティング、保守をご提案いたします。

まだまだ考えのまとまらない構想初期段階でも構いません。
プランニングからご一緒させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。